稲刈りと彼岸花

全国的に稲刈りの時期だと思いますが、ここ四万十町でも稲刈りがピークを迎えています。

そしてこの時期、田んぼの畦には彼岸花がたくさん咲いています。

とても綺麗な花ですが、毒があるので要注意。

茎だけで葉がありませんが、花が散ってから出てくるらしいです。不思議。

田んぼの畦に多く見られるのは、モグラなどが毒を嫌って近寄らないから(すなわち獣害対策)と言われていますが、実際の効果はどうなんでしょうかね。

ちなみに、四万十町大正中津川に、”彼岸花の里”と呼ばれる場所があり、50アールほどの広さに赤い花が咲き誇っているのだそうです。

私は行ったことがありませんが、高知新聞で紹介されていました。

(神林)

台風18号

日本列島を縦断した先日の台風18号は、各地に被害をもたらしたようです。被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

今回の台風、高知に直撃するとの予報が出ていたので、かまんメンバーも台風の備えとして、ハウスのビニールを剥がしたり、生姜ネットを張ったりなど、いろいろと忙しい日が続きました。

幸いにも、かまんメンバーの畑には大きな被害はなかったようで、ホッとしています。

ちなみに、生姜ネットとは、風にあおられて茎が倒れないよう、ネットを上から被せるものですが、ネットが張られている様子が分かるでしょうか?

(神林)

暑い日が続いています

8月は東日本では雨続きのようですが、高知では比較的晴れの日が多く、暑い日が続いています。

(夕立は少しあるのですが、もう少し降ってほしいところ。)

秋冬野菜の準備に忙しいこの時期、日中の農作業は熱中症の恐れがあるので、

こまめに休憩、水分補給をしながら進めています。

ところで、4月頃に植え付けた今年の生姜、現在はこんな感じです。

だいぶ葉っぱが、”もっさり”してきました。

秋の収穫に向けて、さらにグングンと伸びることを期待しています。

(神林)

 

納涼会

先日、毎年恒例、かまん主催の納涼会が行われました。

日頃、かまんがお世話になっている地元の方々、かまん関係者の皆様をお招きする夏の一大イベントです。

手作りのイベントなので、自分たちで会場の設営や料理の準備を進めます。

BBQもするので会場は外。黄色いコンテナが椅子代わりです。

例年、納涼会の日はなぜか雨が降るので、駐車場の屋根を活用して雨対策もばっちりです。

かまん事務所内では料理の準備が進められています。

料理の1つ。手作りのポテトチップスです。ジャガイモの品種はきたあかり。パリパリに美味しく出来ました。

その他にもこんな感じでたくさん料理が並びました。

どの料理も、かまんメンバーが作った野菜や地元の食材をふんだんに使っています。

納涼会開始時の様子。日頃からお世話になっている方々で会場はいっぱいになりました。

キーボードの生演奏も!毎年ありがとうございます。

BBQと呼ぶにはかなりゴージャスな焼き物、塊の牛肉をクルクル回しながら炭火で焼いていきます。

(はじめ人間ギャートルズを思い出さずにはいられない!あれはマンモス肉かな。)

写真にはありませんが、四万十町産の麦豚やソーセージなども焼きましたよ。

今年は子供たちもたくさん参加して、賑やかで楽しい会になりました。

参加して下さった皆様、ありがとうございました。

(神林)

 

歓送迎会

先日、かまんの歓送迎会が四万十町内の割烹料亭で行われました。

かまんの運営には、日々、実に多くの事務作業があるのですが、その事務局メンバーの交代に伴う、歓送迎会です。

理事長の挨拶から始まって、次々に出される旬の食材を使った美味しいお料理に感動しながら、畑の様子や近況などの話が弾みます。

この日の主役のお二方への花束贈呈などもあり、実に楽しい会になりました。

(神林)

 

猛暑日

例年、かまんのショウガ収穫にご協力頂くなど、かまんと深くお付き合い頂いている「jungle farm」さんに、かまんメンバー数名で農作業のお手伝いに行ってきました。

春頃から収穫していたトマトの片付け作業ですが、次のトマトの植え付けが控えているので、できれば一気に終わらせたいところ。

この日は朝から雨模様だったので、ハウス内の作業にはちょうど良いと思っていたのですが、徐々に晴れ、雨の湿度も相まってハウス内はものすごい蒸し暑さに。

でも、こまめに休憩を挟みながら、1日で大体片付きました。

 

家に帰ってから美味しいビールが飲めたことは言うまでもありません!

(神林)

 

 

豊作

最近の野菜宅配便に入っているズッキーニは大石さんが栽培しています。

その大石農園のズッキーニ畑を見学してきました。

ズッキーニの葉や茎に力強さが溢れているのが分かるでしょうか?

見るからに美味しそうです。

ズッキーニは雌花が雄花の花粉を受粉すると、雌花の下の方が膨らんで実になるのですが、

朝の早い時間しか花が咲かないので、確実に着果させるために、毎朝、大石さんが受粉のお手伝いをしています。

(ハチによって受粉もするのですが、手作業で花粉を雌花にこすりつけると、その雌花にはほぼ確実に実がつきます。)

 

 

さて、そのズッキーニ畑の近くに、同じくらいのパワーを感じる畑がありました。

こちらも豊作の予感です。

近づいてみると、小さい実がついていました。

 

かぼちゃです。(ミニかぼちゃの「坊ちゃん」という品種です。)

 

かぼちゃの下には、このようにシートを敷くと、綺麗なかぼちゃができます。虫食いの防止にもなるようです。

シート敷きの作業もなかなか大変な作業ですが、大石さん、頑張ってます。

収穫までにはまだ数週間かかると思いますが、

野菜宅配便に入ると思うので、楽しみにしていてください。

(なお、ミニカボチャは大石さん以外も栽培しているので、

野菜宅配便には大石農園のものではない可能性もあります。あらかじめご了承ください。)

(神林)

 

季節の花

これは先日の野菜宅配便に同梱した「季節の花」です。

かまんの野菜宅配便では、四万十町の季節を感じられる花が入っています。

野菜はもちろん、季節の花もお楽しみ下さい。

写真はニンジンの花でした。

(神林)

 

 

 

総会が行われました。

かまんでは毎年この時期、”総会”を開催しています。

昨日、その総会が行われ、昨年度の事業報告や決算、本年度の事業計画等、各種の議決が行われました。

総会とは、NPO法人としての最高の意思決定機関で、最低年1回招集しなければならないとNPO法に定められています。)

総会後には恒例の交流会も開催し、

持ち寄った新鮮野菜や地元食材を使った美味しい料理を肴に夜遅くまで話が弾みました。

ちなみに、交流会の写真は撮り忘れました・・・。

(神林)

 

 

生姜の芽が出始めました。

4月に植え付けた生姜の芽が出てきました。

黒いビニールが破れているところから芽が出ているのはなぜかと言うと、

私の畑(神林農園)では、雑草対策のために黒いポリビニールマルチを使っているからです。

芽が出ると、芽がマルチを突き上げるので、その部分を手で破っていきます。

(マルチを使わずに機械や手作業で除草されている無農薬栽培の農家さんもいらっしゃいます。
そのような場合はこの作業は必要ありません。)

(神林)